みやビズ

2019年8月26日(月)
紙面県内経済

香港に新店舗検討 鹿銀・上村頭取インタビュー

2015/04/08

香港進出や南九州の観光戦略について語る上村基宏頭取=7日午前、鹿児島市・鹿児島銀行本店

 鹿児島銀行(鹿児島市)と肥後銀行(熊本市)が10月の経営統合後に、東南アジアの営業拠点として香港での店舗新設を検討していることが7日、分かった。両行は統合後の国際化戦略の中で、取引先企業の海外進出や物流構築をサポートする行員を現地に常駐させる考え。鹿児島銀の上村基宏頭取が宮崎日日新聞社のインタビューで明らかにした。

 金融、物流で東南アジアの拠点となっていることを重視し、香港進出を検討している肥後銀と思惑が一致した。上村頭取は、東南アジアへの物流ルートの構築について全日本空輸(ANA)グループと業務提携を検討していることも言及。「ANAが那覇空港を国際貨物のハブとして活用していることは重要な要素」とした上で、「宮崎、鹿児島の産品の物流ルートを築くためには、(鹿児島銀の)沖縄進出は必要」と説明した。

 また、同行が沖縄県で10月の開設を目指す新支店について「取引先の香港進出の足掛かりとしての役割が半分以上になる」と説明した。

 両行は同月に持ち株会社「九州フィナンシャルグループ(FG)」を設立し、両行は九州FG傘下に入る。上村頭取は九州FGの社長に、肥後銀の甲斐隆博頭取が会長に就任する。

 上村頭取は「宮崎、鹿児島、熊本3県のトライアングルを強くしていきたい。新たな商流や観光ルートの開発などこれまで以上に地域の役に立てる」と話した。

【関連記事】
本県シェア拡大狙う 鹿銀15~17年度経営計画(2015年04月03日)
資金運用会社を検討 鹿銀、肥後銀(2015年02月27日)
来月中に新社名 鹿銀、肥後銀(2015年01月30日)
肥後銀・甲斐頭取インタビュー(下)【熊本日日新聞】(2014年12月26日)
本県の商機拡大 鹿銀・上村頭取インタビュー(2014年11月19日)
緊急連載 肥銀・鹿銀統合へ(上)【熊本日日新聞】(2014年11月18日)
宮崎県内金融界に衝撃 鹿銀、肥後銀統合(2014年11月08日)

アクセスランキング

ピックアップ