みやビズ

2019年10月17日(木)
紙面県内経済

WASHハウス(宮崎市)都内へ 関東に初出店

2016/08/17

 コインランドリー事業を手掛けるWASHハウス(宮崎市、児玉康孝社長)は、関東エリア初となる直営店を都内に2店舗オープンさせた。これまでにも大阪や福岡など大都市圏にも店舗を展開しており、さらなる都市部での出店攻勢を強めたい考えだ。

 同社は直営とフランチャイズを合わせ、九州各県と大阪府と広島、山口県でコインランドリー332店舗を展開(7月末現在)。トラブルの際に遠隔操作できる機器や、安全性を高めるネットワークカメラを備えた独自の管理システムを導入している。

 同社は昨年10月に東京・日本橋に東京支店を開設し、用地確保などに動いてきた。今回の出店は新宿区と江東区に1店舗ずつで、いずれも駐車場を併設しない初めての都市型店舗。7月下旬から営業を始めている。店舗正面の看板へのライティングを工夫し、清潔感や24時間利用できることをアピールしている。

 ことしはすでに86店舗の出店が決まっている。今期決算では前期比1・5倍の売上高を見込む。

 児玉社長は「今回の出店で、都心部でも店舗を運営していける新たなビジネスモデルを確立できた。関東のお客さまにも広く知ってもらえる看板店として育てていきたい」と話している。

アクセスランキング

ピックアップ