みやビズ

2018年7月20日(金)
紙面県内経済

環黄海経済・技術交流大賞に清本鐵工 大連で排水設備改善

2016/07/20

環黄海経済・技術交流大賞を清本鐵工が受賞し、受賞トロフィーを持つ清本英男社長

 延岡市の清本鐵工(清本英男社長)は2016年の「環黄海経済・技術交流大賞」を受賞した。同賞は環黄海地域内で先進的・模範的な取り組みを行う経済団体や企業を日(九州)中韓共同で表彰するもので、昨年から制度が始まり2回目となる。

 清本鐵工は中国大連市に4社の子会社があり、同市で深刻化していた河川汚染に対し、汚水処理プラント建設を日中連合事業体で執行。日本でのメンテナンス業務経験を生かして同市の既存排水設備の改善などにも貢献した。

 また、同プラントを活用して地域の小学生を対象にした環境教育を実施。12~15年度で27校2427人が参加している点も高く評価された。

 13日に中国で開いた「第15回環黄海経済・技術交流会議」の中で表彰があり、3国合わせて6者が受賞した。

 清本社長は「われわれがやってきた事業が認められたことはうれしい。今後の事業展開にも大きく役立つと思う」と話していた。

アクセスランキング

ピックアップ