みやビズ

2018年2月26日(月)
紙面県内経済

県産スギ「材工一体」輸出 東アジア本格展開へ

2016/04/20

県など主催の視察でプレカット材の接合部分について説明を受ける韓国の建築士たち=13日午後、宮崎市の製材会社

 県産材の輸出拡大を目指す県は、本年度からプレカット材と木造軸組工法をセットにした「材工一体」の販売戦略を東アジアで本格的に展開する。まずは韓国の建設会社から同工法での設計データで注文を受け、プレカット材を輸出する体制を構築する。2018年度までに台湾、中国、ベトナムにも順次展開する計画。現地の住宅建設会社への工法普及と建築士養成に県が主体となって取り組むことで、取引の信頼性向上も期待される。

アクセスランキング

ピックアップ