みやビズ

2017年5月27日(土)
紙面県内経済

旭建設がドローン空撮事業参入 幅広い分野の需要見込む 

2015/04/11

のり面工事が完了した現場(椎葉村松尾)をドローンから撮影した写真(同社提供)

 旭建設(日向市、黒木繁人社長)は無人小型ヘリ「ドローン」による空撮事業に参入した。地上からの遠隔操作で、最高約150メートル上空からの写真や動画撮影が可能。土木工事現場での進捗(しんちょく)確認や災害現場の状況把握、観光パンフレット用写真など、幅広い分野での需要を見込む。

アクセスランキング

ピックアップ