みやビズ

2018年9月20日(木)
紙面県内経済

ネットでストレス診断 オリナス(宮崎市)新サービス

2015/04/01

ヒューマンアイズホットラインの「ストレスチェック」の分析結果イメージ。回答を数値化して平均点を算出する

 経営コンサルタント会社のオリナス(宮崎市、谷口行利社長)は、インターネットを利用して経営者と従業員のコミュニケーションを深める新サービス「ヒューマンアイズホットライン」を開発した。従業員のメンタルヘルスチェックをネット上で実施したり、提言や不満などを経営陣に伝えて問題解決を促したりすることで、風通しの良い組織づくりを手助けする。

 ことし12月、従業員50人以上の事業者に年1回のストレスチェックを義務付ける改正労働安全衛生法が施行される。必要に応じて医師などによる面接や労働時間の短縮などの措置を講じないといけないことから、「これまで以上に働きやすい環境づくりが求められる」(谷口社長)と企画、開発に取り組んだ。

 「ヒューマン-」の機能は大きく三つ。「ストレスチェック」と「組織風土健康診断」では、従業員が指定のサイトにアクセスし、疲労のたまり具合や職場の雰囲気などに関する質問に答える。オリナスの提携する精神保健福祉士らが回答内容を確認。従業員の7割に相当する人数分のデータで平均値を取り、分析結果を経営者側に提供する。

 「経営層と従業員のホットライン」では、セクハラや不正行為の内部告発といった経営者側に伝えたいことを専用掲示板に書き込む。オリナスは書き込まれた内容の解決をサポートできる専門家を選び、経営者側にも通知するなどして問題解決を図る。

 2月から県内外の2社がサービスを利用している。今後は社会保険労務士や経営コンサルタント会社での活用が期待されており、谷口社長は「企業が発展を続けていくには、言いたいことの言える風土づくりが大切。経営者と従業員が分かり合えるためのツールとして、ぜひ活用してほしい」と話している。

 問い合わせはオリナス(電話)0985(23)0941。


【関連記事】
わたしの一冊  谷口行利さん(オリナス代表取締役社長)(2015年03月18日)
フォーカス  フードビジネス振興構想(1)(2013年04月02日)

アクセスランキング

ピックアップ