みやビズ

2020年2月25日(火)
紙面県内経済

青島環境保全へ寄付 アサヒビール、今月製造分の売上金から

2014/10/01

プロジェクトを発表した草田支社長(右から2人目)=30日午後、宮崎市役所

 アサヒビールは30日、全国展開する地域貢献事業「美しい日本に乾杯!~うまい!を明日へ!プロジェクト」を、今年も本県で展開すると発表した。商品の売上金の一部を「青島再勢プロジェクト」(長友安隆会長)に寄付し、環境保全に役立ててもらう。

 対象商品は10月製造分の、「アサヒスーパードライ」「アサヒスーパードライ ドライプレミアム」(500ミリリットル缶、350ミリリットル缶、大瓶、中瓶)と「アサヒスーパードライ ドライブラック」(500ミリリットル缶、350ミリリットル缶)。売り上げ1本につき1円が寄付される。

 同日、宮崎市役所で発表し、アサヒビール宮崎支社の草田哲也支社長は「きれいな青島が環境保全の象徴のような場所になってほしい」と話した。長友会長は「街中の環境美化に役立てたい」としている。同社のプロジェクトは今回で第8弾となり、前回も青島再勢プロジェクトに寄付している。本県への寄付総額は1613万2905円となっている。

アクセスランキング

ピックアップ