みやビズ

2017年11月22日(水)
クロストーク

三方よしで漁師に還元

2017/08/25
デナーダ社長・佐々木大樹さん ITを活用した鮮魚卸売業のデナーダ(門川町)。県内の魚市場に水揚げされた鮮魚を首都圏の飲食店や鮮魚店に直接販売する産直システム「CHOKSEN(ちょくせん)」を構築、運用する。

デナーダ社長・佐々木大樹さん


ささき・だいき 延岡市鯛名町出身、延岡高卒。福岡市内のホテルや東京のIT企業などでの勤務を経て、2016年2月にデナーダを設立。趣味は映画鑑賞と撮影。1977(昭和52)年2月生まれの40歳。

ささき・だいき 延岡市鯛名町出身、延岡高卒。福岡市内のホテルや東京のIT企業などでの勤務を経て、2016年2月にデナーダを設立。趣味は映画鑑賞と撮影。1977(昭和52)年2月生まれの40歳。

 ITを活用した鮮魚卸売業のデナーダ(門川町)。県内の魚市場に水揚げされた鮮魚を首都圏の飲食店や鮮魚店に直接販売する産直システム「CHOKSEN(ちょくせん)」を構築、運用する。流通を簡略化することで、魚の鮮度を維持できるほか、相場の高い首都圏での売価を産地に還元しやすい仕組みになっており、成長が期待される。一方、大消費地から離れた本県は今後どのように産業を育成するべきか聞いた。(巣山貴行)

アクセスランキング

ピックアップ