みやビズ

2019年10月14日(月)
記者コラム / (真)

スマホの有用性

2012/09/05
 ネットサイト(みやビズ)の運営に携わる身でありながら、実はITが苦手である。正確に言えば、フェイスブックに代表されるソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)やスマホを使ってみたいという気持ちはあるにはあるが、あと一歩を踏み出す動機がない。何ができるのか、本当に生活に必要なのかと考え始めると、いつも「別になくても大丈夫」という考えに行き着いてしまう。コラム欄で、「新しいことへの挑戦が大切」などと偉そうに書いているものの、わが身を振り返るとこのありさまである。

 先日、当サイト「インサイド」で2回にわたって紹介した「スマホ活用術」は、そんな意識を変え、新たな世界に飛び立とうと企画した記事。スマホやタブレット端末を使いこなす4人を取材させていただいたが、口をそろえて「仕事もプライベートでも手放すことはできない」と語っていた。ビジネススタイルに合った「アプリ」を使いこなして仕事の能率を高め、フェイスブックで効果的なマーケティングを実践。その有用性の高さを、あらためて目の当たりにできた。

 世界でフェイスブック会員は9億人以上、国内のスマホユーザーは2400万人にも上るといわれる。どちらも未経験で時代に乗り遅れた感じはあるが、特にSNSについては「これ以上何かに縛られるのはごめんだ」というのが正直な思いである。ただ、使ってもいないのに、嫌悪するのはどうかとも感じるし、取材を通して「心の距離」は一歩から半歩縮まった。近い将来、実践を通した活用術を紹介できればと思う。(真)

アクセスランキング

ピックアップ