みやビズ

2019年10月15日(火)
記者コラム / (島)

2013年の目標

2013/01/09
 「自分だけが良ければいい時代は終わった」。昨年1年間を振り返ると、自社だけの成長や利益追求を否定し、地域や業界全体で発展していくことの必要性を主張するこんなニュアンスの言葉を、立場の違う多くの方の口から聞いた。中小企業の生き残り策について語る社長の話の中であったり、農商工連携成功の秘訣(ひけつ)を識者に問うたときの答えの中であったり、だ。

 「三方よし」「商売は世のため人のための奉仕にして、利益はその当然の報酬なり」など、商売にまつわる格言に見られるように、今に始まった考えではないだろうが、その思いを多くの経営者が今、強くしているのではないかと感じている。

 翻って、企業の利益を支えているのはわれわれ消費者。己の利益や欲に任せた消費の仕方をしていれば、その姿勢が社会に反映されるのだということを常に意識した「賢い消費者」になることを、2013年の目標の一つにしたい。(島)

アクセスランキング

ピックアップ