みやビズ

2019年10月17日(木)
記者コラム / 高森千絵

停滞感いつまで

2012/03/07
 今年も県内をにぎわせたスポーツキャンプのシーズンが終わった。ここ数年、支社にいてプロスポーツキャンプの見学から足が遠ざかっていたが、2月に久しぶりに宮崎市生目の杜運動公園のソフトバンクホークスキャンプに足を運んだ。ソフトバンクは人気選手が大リーグや他球団に移籍した事もあり、「それほど人は多くないかな」と予想していたが、意外に県内外から多くのファンが詰め掛けていて驚いた。駐車場は満車、球場も立ち見が出るほどで、スポーツキャンプの集客力をあらためて認識した。

 観光業界がスポーツキャンプ効果で潤うのは言うまでもないが、一時期のにぎわいで業界が長引く低迷から回復するかと言うと、そう楽観的ではないようだ。ホテルや旅館、タクシー業界、繁華街の飲食店など、いずれも明るい話は聞けなかった。「東日本大震災の影響がまだ残ってる」「県内の景気自体が上向かないと」という声が強く、停滞感は継続している。春の行楽シーズンこそは風向きが変わってほしいと願う関係者は少なくない。(絵)

アクセスランキング

ピックアップ