みやビズ

2019年10月14日(月)
記者コラム / 高森千絵

高速道安全で快適に

2016/08/26
福岡市であった東九州自動車道建設促進地方大会

一陽来福 福岡発

福岡市であった東九州自動車道建設促進地方大会

福岡市であった東九州自動車道建設促進地方大会

 お盆帰省中、県北から東九州自動車道に乗ろうと車を走らせていると、日向-都農インターチェンジ(IC)の交通事故による通行止めに遭遇した。やむなく国道10号を進むと、高速道を降りた車で大渋滞。都農ICに入る頃には1時間半近くが経過していた。

 片側1車線の東九州道では中央分離帯の大半は簡易なポールのみ。この日のように、対向車線に車がはみ出した事故はこれまでも発生しており、上下線で通行がストップした。

 帰省前の10日、福岡市では東九州道の沿線自治体が参加して建設促進地方大会が開かれた。採択された国への決議で、安全な通行や事故発生時の緊急対応などのために、開通区間の4車線化なども盛り込まれた。帰省時、渋滞に巻き込まれながら「ああ、こういうことか」と、要望の趣旨を痛感させられた。

 東九州道が宮崎市まで開通した北九州市に住む県出身者でも、帰省の際は九州自動車道を使う人もいる。所要時間はほとんど変わらないが、理由として挙げていたのは車線数や休憩施設の有無だった。物流ルートとして活用されるためにも安全で速く、快適に走ることができる高速道としての機能が求められる。
(福岡支社・高森千絵)

アクセスランキング

ピックアップ