みやビズ

2018年10月17日(水)
ビジネスウォッチ

【経済やわらかゼミ】富士通パソコン事業売却

2017/11/27

日本市場で中国存在感 FMVブランドは継続


(イラスト 清水紗羅巳)

(イラスト 清水紗羅巳)

 富士通がパソコン事業の株式の過半を中国の聯想(レノボ)グループに売却するという記事を新聞で読んだ高校生の香那さん。パソコン関連の会社に勤める姉の麻衣さんに聞いた。

 香那 富士通がパソコン製造子会社を中国企業に売るんだって。

 麻衣 うん。川崎市に本社がある「富士通クライアントコンピューティング」の過半の株式を来年4~6月をめどにレノボに売るの。

 香那 富士通のパソコンはもう買えないの?

 麻衣 これからも富士通の「FMV」ブランドで製造は続けられるから大丈夫よ。

 香那 工場とか従業員の人たちはどうなるの。

 麻衣 島根県出雲市に工場があるんだけど、そのままだって。雇用も継続されるって聞いたわ。

 香那 そうなると何が変わるの。

 麻衣 経営権がレノボに移るの。政府系の日本政策投資銀行も少し出資して財務のアドバイスをするんだって。売却額は全部で280億円だって聞いたわ。
 
 香那 レノボってどんな会社?

 麻衣 パソコンの世界シェアトップの中国メーカーよ。米HPと首位争いをしていて、日本ではNECの子会社の経営権も握っているの。

 香那 へえ、そうなんだ。で、今回富士通の子会社買収でレノボの日本でのシェアはどのくらいになるの。

 麻衣 実は昨年の国内の出荷台数も約24%で首位だったのよ。2位が富士通で約18%だから、2社合わせると40%強になるわね。

 香那 そんなに大きいんだ。知らなかった。国内でパソコンを手掛けている企業はほかにどんなところがあるの。

 麻衣 実は国内で残っている主な企業は東芝ぐらいなの。でも東芝も経営危機でパソコン事業も売却する可能性が出ているから、この先はどうなるか分からないわね。

 香那 どうしてNECも富士通もパソコン事業を手放してしまうの。

 麻衣 タブレット端末やスマートフォンの普及で、国内のパソコン需要はこれからどんどん減っていくからよ。世界シェアもレノボやHPが握っていて先細りなの。

 香那 富士通っていったらパソコンのイメージが強いけど、これからは何が中心になるの。

 麻衣 例えば人工知能(AI)は有望分野でしょうね。法人向けのITサービスにも力を入れていくみたいよ。

 香那 身近な製品は少なくなりそうね。

 麻衣 でもね、経営者は時代の変化に的確に対応しないと、生き残れないからね。厳しいのよ、大人の世界は。

アクセスランキング

ピックアップ