みやビズ

2017年12月17日(日)
美酒談ガイド☆☆☆

お酒に合う一品がずらり 橘通もみじ(宮崎市)

2017/03/27

 県庁前楠並木通り沿い、商工会館の裏手に、創作和食「橘通もみじ」(宮崎市橘通東)はある。日南鶏など本県産の食材をメインに使った料理をはじめ、お酒のあてになるつまみや珍味が充実。「大人の居酒屋」をコンセプトに、ダウンライトの落ち着いた雰囲気のもと、大切な仲間や家族と楽しいひとときが過ごせる。

「橘通もみじ」のコースの一例

「橘通もみじ」のコースの一例

 8割以上のお客がオーダーするのが自家製豆腐。まろやかな味わいの絹ごし豆腐は繊細な味わいで、ブレンドしたオリーブオイルと塩をかけたものか、かつお節のだしを利かせた2種類の味わい方から選べる。

 高温に熱した石の器で提供する日南鶏はジューシーでふっくらと軟らかい。利尻昆布でだしをとったしょうゆベース仕立てで、好みでわさびや塩、青唐辛子みそといった3種の薬味をつけて食べてもおいしい。

 「地鶏ユッケ」や「ほたるいか沖漬け」「たこわさび」など酒のつまみにぴったりな一品も外せない。

 自家製豆腐や鶏料理など9品に3時間の飲み放題が付いたコース(4000円)も人気。

 アルコールは千徳酒造(延岡市)の「銀雫」「はなかぐら」の日本酒や、宮崎ひでじビール(同)の「YAHAZU PILSNER(ヤハズ ピルスナー)」など本県の地酒がそろう。

 2カ月を目安に全国の地酒をメニューに入れ替える「日本酒祭り」も好評だ。今月は北陸東海地域のお酒がずらり。「寒紅梅」(三重県)「初亀 亀印」(静岡県)「九頭龍」(福井県)などが並んでいて、全国の美酒が味わえるのもうれしい。

「橘通もみじ」の店内

「橘通もみじ」の店内

 溝口裕太店長(31)は「鶏料理をはじめ、いずれの料理も手間暇かけて作っています。吟味したお酒と一緒にご賞味ください」と話す。

 店内は半個室のテーブル席と板の間の座敷、カウンター席になっている。程よいボリュームでジャズがかかり「大人の隠れ家」といった雰囲気だ。廊下には料理やサービスに関するお客の声にスタッフが返事をしたためたカードが飾られていて、お客に寄り添う姿勢が感じられた。
 

店舗基本情報

店名 橘通もみじ
住所 宮崎県宮崎市橘通東1の8の15【地図】
TEL 0985(29)9633
業態 創作和食
特徴 宮崎の食材を使った料理や地酒、全国から取り寄せた日本酒などが味わえる。
座席数 4人がけテーブル2、2人がけテーブル4、8人がけの座敷3、カウンター4席
収容 45人程度
予算 3500~4000円
クレジット 不可
定休日日曜
営業時間午後5時半~翌午前0時(午後11時ラストオーダー)


※紹介しているメニューや価格、住所などの情報は掲載時のものです。

アクセスランキング

ピックアップ