みやビズ

2017年3月28日(火)
美酒談ガイド☆☆☆

だしにこだわり おでんダイニング 花歩(宮崎市)

2017/01/30
 宮崎市中心部のマルショク西側にある居酒屋「おでんダイニング 花歩(はなほ)」。名物は北海道産の羅臼昆布と真昆布、延岡市北浦産の塩だけでだし汁を取った「塩だしおでん」。そのだしを使った卵焼き、お茶漬けといった一品のほか、チキン南蛮、鶏の炭火焼きなど郷土料理にも力を入れている。
名物の塩だしおでんや刺し身、おでんだしを使った「だし巻き卵のしらすおろしのっけ」など

名物の塩だしおでんや刺し身、おでんだしを使った「だし巻き卵のしらすおろしのっけ」など

 宮崎市中心部のマルショク西側にある居酒屋「おでんダイニング 花歩(はなほ)」。名物は北海道産の羅臼昆布と真昆布、延岡市北浦産の塩だけでだし汁を取った「塩だしおでん」。そのだしを使った卵焼き、お茶漬けといった一品のほか、チキン南蛮、鶏の炭火焼きなど郷土料理にも力を入れている。

 おでんの具は約30種類。大根、卵、厚揚げ、豆腐、ロールキャベツなどの定番に加え、トマトやクリームチーズといった変わりダネも。今なら牛テール、生湯葉など冬季限定の具も味わえる。どれも塩だしのうま味がしっかりと感じられる優しい味わいだ。

 かつお節と青のりの粉末を混ぜた「だし粉」、ラー油をメインとした甘辛さがクセになる「辛みそ」、程よい酸味がアクセントの「ゆずごしょう」といった薬味も用意していて、好みで試してみるのも面白い。

 「だしまで飲み干してください。宮崎では珍しい塩だしおでんをぜひご賞味ください」と女将(おかみ)の神足奈歩さん。

「おでんダイニング 花歩」の座敷

「おでんダイニング 花歩」の座敷

 おでんに刺し身や肉料理など10品が付いたコース料理(4000円、2時間の飲み放題付き)も人気。

 アルコールはビールをはじめ「久保田千寿」「八海山」「緑川」などの日本酒がそろう。お薦めは「幡随院長兵衛(ばんずいいんちょうべえ)」。歌舞伎の演目でも有名な、江戸時代の大親分の名前を付けた純米酒で、口当たりが良く、おでんとの相性もぴったり。

 「ありがとう」「また来ます」の一言が励みになるという神足さん。「お客さまの立場になって動く」をモットーにスタッフ一同、温かいおもてなしを心掛けている。

 店内は掘りごたつの和室、10~60人まで収容できる板の間の座敷になっていて、接待や歓送迎会の利用にもぴったり。

(協力:キリンビールマーケティング株式会社宮崎支社)

店舗基本情報

店名 おでんダイニング花歩(はなほ)
住所 宮崎県宮崎市中央通6の20【地図】
TEL 0985(89)3872
業態 居酒屋
特徴 塩おでんやおでんだしを使った一品、郷土料理が味わえる店。接待の利用も多い。
座席数 1階は4人がけの掘りごたつの座敷3、2人がけと8人がけの掘りごたつの座敷、カウンター5席、2階は9部屋に区切られる最大60人収容の座敷
予算 3500円~4000円
クレジットカード
定休日 日曜
営業時間午後5時半~翌午前0時(金、土曜は翌午前1時)

※紹介しているメニューや価格、住所などの情報は掲載時のものです。

アクセスランキング

ピックアップ