みやビズ

2017年5月27日(土)
美酒談ガイド☆☆☆

西都の「おいしい」が勢ぞろい みやざき晴夜(宮崎市)

2016/11/21
「みやざき晴夜」の「西都収穫祭」の5000円コース

「みやざき晴夜」の「西都収穫祭」の5000円コース

 地産地消を心掛け、本県の食材を使った料理が味わえる居酒屋「みやざき晴夜(はれるや)」。現在、西都市と提携して、齋藤牛や妻地鶏、青ゆずこしょうといった同市の食材をふんだんに取り入れた一品を提供する「西都収穫祭」を開催中だ。

 コース料理は3500円、4000円、5000円の2時間飲み放題付きプランと、2000円、2500円、3500円の飲み放題なしのプランなどを用意していて、齋藤牛のステーキや炙り握りすし、妻地鶏の炭火焼きなどが並ぶ。単品には郷土料理である鶏とゴボウの炊き込みご飯「わけしこ飯」をいなりずしにアレンジした「妻地鶏わけしこ飯のいなり包み」、齋藤牛のしゃぶしゃぶ鍋などがある。

 濱砂忠敬店長(28)は「食を通して西都市をより深く知ってもらうきっかけになればうれしいです」と話す。

 12月15日までの期間限定だが、予約をすれば年末まで対応できるとのこと。西都の魅力がぎゅっと凝縮された料理が味わえるのは貴重な機会なので食べ逃しなく。

 同店以外に「みやざき晴日(はれのひ、宮崎市新別府町)」、「ここちや本店(宮崎市中央通)」、「はればれ(同)」、「あっぱれ食堂(宮崎市橘通西)」「三代目まんりょう(日南市南郷町東町)」でも開催中。

「みやざき晴夜」の店内

「みやざき晴夜」の店内

 「みやざき晴夜」では通常も本県の食材を重点的に仕入れていて肉は宮崎牛やみやざき地頭鶏、ひむか完熟ポーク、日南市目井津や北浦町産の魚、契約農家から仕入れた野菜を使った料理が並ぶ。

 800度近い高火力で瞬時に表面を焼き上げる「かつおの藁焼き」(950円)も人気メニューで、岩塩とサンショウでいただく。厚切りで食べ応えあり。

 屋号には街並みを照らす明かりのような店づくりを大切にしたいとネーミングした。店内は程よい音量でBGMにはジャズが流れる。2人用として仕切れるカップルシートから掘りごたつの座敷があり、接待や宴会などの利用も多い。
 

店舗基本情報
店名 みやざき晴夜(はれるや)
住所 宮崎県宮崎市橘通西3の1の14 ラ・ルーチェビル1階【地図】
TEL 0985(64)9003
業態 居酒屋
特徴 宮崎牛やみやざき地頭鶏、日南市取れの魚、契約農家から仕入れた野菜など地産地消を心掛けていて、食を通して宮崎の魅力を発信している。
座敷数 8人がけの掘りごたつの座敷3、6人掛けの掘りごたつの座敷2、5人掛けの掘りごたつの座敷2、4人掛けの掘りごたつの座引き4、4人掛けテーブルの掘りごたつ3(2人掛けにも対応可能)、カウンター10席
収容 80人程度
予算 3000円~3500円
クレジットカード
定休日なし
営業時間午後5時~翌午前0時半(翌午前0時ラストオーダー)


※紹介しているメニューや価格、住所などの情報は掲載時のものです。


アクセスランキング

ピックアップ