みやビズ

2020年2月22日(土)
美酒談ガイド☆☆☆

香川県発祥の釜焼鳥を堪能 釜焼鳥 嬉音(宮崎市)

2016/08/08
「釜焼鳥 嬉音」の釜焼鳥
「釜焼鳥 嬉音」の釜焼鳥

「釜焼鳥 嬉音」の釜焼鳥

 宮崎で鶏料理といえば地鶏を思い浮かべるが、本県ではなかなかお目にかかれない香川県発祥の釜焼鳥が味わえると評判なのが、宮崎市の中心市街地にある「釜焼鳥 嬉音(うれしね)」(宮崎市中央通)。釜焼鳥はオーダー率ほぼ100%を誇り、アルコールとの相性もぴったりだ。

 宮崎産の骨付き鶏肉に、1日寝かせた香川県産のニンニクや粗塩、黒こしょうなどを使った秘伝のタレで下味を付ける。それを400度の専用釜で15分焼き上げてうまみを閉じ込め、最後に熱々の鶏油(ちーゆ)をジュワーッとまわしかけることで香ばしさが際立つ。

 同店代表の上野さんは4年半、四国で暮らした経験があり、そのとき味わった釜焼鳥のおいしさに感動。「宮崎の人にもこのおいしさを広く知ってもらいたい」と2011年5月に店を開業した。お客からは「一度食べたらやみつきになる」「クセになる味」といった反応が届くという。「新スタイルの鶏料理をぜひご賞味ください」と上野さんは話す。

 歯応えがあり、かめばかむほどにうまみが感じられる「おやどり」と、外はカリッ、中はしっとりな「ひなどり」は軟らかい食感が持ち味。いずれも1080円。

「釜焼鳥 嬉音」の店内

「釜焼鳥 嬉音」の店内

 油を一切使わずに蒸す「温野菜のバーニャカウダ」(820円)もお薦め。取材した日はアスパラやブロッコリー、ミニトマト、ニンジン、キャベツ、レンコン、オクラなどが並び、常時10種類以上の旬の野菜をせいろで蒸してニンニクやアンチョビー、オリーブオイルなどが入った自家製ソースでいただく。

 アルコールはビールをはじめ、県産のみの焼酎が20種類以上、ワインや日本酒などがそろう。

 樹齢200年以上の県産杉を使用した一枚板のカウンター席からは焼き上がる釜焼鳥に鶏油をまわしかける様子を見られる。

※料金はすべて税別

(協力:サントリー酒類株式会社 南九州支店

店舗基本情報
店名 釜焼鳥 嬉音
住所 宮崎県宮崎市中央通6の10 第9吉野ビル1階【地図】
TEL 0985(25)2000
業態 香川県発祥の釜焼鳥が味わえる店。ヘルシーな蒸し料理も人気。
座席数 テーブル20席、カウンター8席
収容 28人
予算 3000~3500円
クレジットカード
定休日 日曜
営業時間午後6時~翌午前0時(午後11時半ラストオーダー)


※紹介しているメニューや価格、住所などの情報は掲載時のものです。

アクセスランキング

ピックアップ