みやビズ

2019年6月16日(日)
美酒談ガイド☆☆☆

酒通が足しげく通う店 延岡三蔵・県産酒Bar HIMUKA

2016/02/15
延岡名物のメヒカリをビアパブの定番料理にアレンジした「延岡フィッシュ&チップス」は地ビールとの相性も抜群
延岡名物のメヒカリをビアパブの定番料理にアレンジした「延岡フィッシュ&チップス」は地ビールとの相性も抜群

延岡名物のメヒカリをビアパブの定番料理にアレンジした「延岡フィッシュ&チップス」は地ビールとの相性も抜群

 延岡市には焼酎、日本酒、地ビールと、ジャンルの異なる三つの酒蔵がそろう。佐藤焼酎製造場、千徳酒造、宮崎ひでじビールの3酒蔵で、「三蔵(みつくら)」の総称で地元住民から親しまれている。三蔵では力を合わせて地元酒文化の継承や地域活性化に取り組んでおり、その拠点の一つが「延岡三蔵・県産酒Bar HIMUKA」(延岡市船倉町)。三蔵の多彩なお酒が楽しめるだけでなく地元特産を使った料理も味わうことができ、県外客のおもてなしにもぴったりのお店となっている。

 同店は宮崎ひでじビール直営2号店。延岡市の名山・行縢(むかばき)山の湧水を使い精魂込めて造ったクラフトビールを工場から直送しており、そのおいしさは格別。国内外で数々の賞を受賞した「太陽のラガー」など6種類がそろう。女性には苦みが少なく香りがフルーティーな「花のホワイトヴァイス」が人気だ。

 佐藤焼酎製造場が造る本格焼酎は、祝子川水系の清らかな天然深層水が原料水。芋焼酎「亮天」をはじめ、麦やコメを原料とした16種類が楽しめる。また、本県唯一の清酒専門店である千徳酒造の酒5種類も。甲斐清高店長(32)は「延岡で造られたお酒だけでもこれだけの種類をそろえています。お気に入りを見つけていただければ」と話す。

 延岡産以外にも本県産の焼酎やどぶろく、ワイン、リキュールなど合わせると60種類以上の品ぞろえ。酒通もうなる豊富なラインナップだ。

「延岡三蔵・県産酒Bar HIMUKA」の店内。カウンター前には本県産のお酒が所狭しと並ぶ

「延岡三蔵・県産酒Bar HIMUKA」の店内。カウンター前には本県産のお酒が所狭しと並ぶ

 お酒に合う料理として、延岡産の食材を使った一品料理やおつまみを提供する。甲斐さんお薦めは延岡名物メヒカリを使った「延岡フィッシュ&チップス」(800円)。カラッと揚げたメヒカリはスナック感覚で、思わず手が伸びる。モルトビネガーをかけるとさっぱりとした味わいで、ビールとの相性もぴったりだ。

 店内はダウンライトな照明で、レトロな雰囲気の中でゆっくりとくつろげる。展示スペースには、同市行縢町にある窯元「檜窯(ひのきがま)」所属の陶芸家・安在健一さんのコーヒーカップやぐいのみ、皿などの作品が並ぶ。不定期だが、地元写真家の作品展などイベントも開催。地域のコミュニティーの場としても利用されている。

 個室は、お客がお気に入りのDVDを持ち込むことも可能で、アットホームな使い方ができるのもうれしい。“延岡発”のお酒を、心ゆくまで飲み比べてみては。
      

店舗基本情報

店名 延岡三蔵・県産酒Bar HIMUKA
住所 宮崎県延岡市船倉町2の5の9【地図】
TEL 0982(27)4200
業態 ビアパブ
座席数 テーブル5席、個室1部屋(5~12人)、カウンター12席
収容 約40人
予算 2000~4000円
クレジットカード 不可
定休日 日曜
営業時間午後6時~翌午前1時(同0時ラストオーダー)


※紹介しているメニューや価格、住所などの情報は掲載時のものです。

アクセスランキング

ピックアップ