みやビズ

2019年6月27日(木)
美酒談ガイド☆☆☆

すべてに妥協せず入魂の技 居心地屋やまぢ 宮崎本店(宮崎市)

2016/02/08
みやざき地頭鶏の炭火焼きをはじめとする鶏料理や一品料理が味わえる

みやざき地頭鶏の炭火焼きをはじめとする鶏料理や一品料理が味わえる

 みやざき地頭鶏を使った炭火焼きや刺し身など、鶏料理に定評がある「居心地屋やまぢ 宮崎本店」(宮崎市中央通)。地産地消をモットーに、食材は本県産をメーンに使用、チキン南蛮やめひかりのから揚げ、冷や汁といった宮崎名物も味わえるとあって、県外客や外国人の観光客も多く訪れる名店だ。

 みやざき地頭鶏は毎日、契約農家である百笑村(同市田野町)から仕入れている。まず、味わってほしいのは看板メニューの「炭火焼き」(小・150グラム1290円、中・250グラム1800円、大・350グラム2580円)。ミキサーで粉末にしたシイタケやカツオ、昆布などのだしと練り合わせた自家製塩を合わせて提供するなど、素材のうまみを際立たせるための手間暇は惜しまない。「料理ごとに素材の良さを引き立てて、うまみをさらに引き出す工夫を重ねています」と、店主の黒木浩一さん(51)は話す。

「居心地屋やまぢ 宮崎本店」の店内

「居心地屋やまぢ 宮崎本店」の店内

 カウンター越しから豪快に焼き上げる炎を目の前にして味わう料理は格別だ。

 食材の新鮮さや焼きの技術、自家製の調味料。すべてに妥協せず、自信を持って提供している姿勢が、黒木さんとの会話からひしひしと伝わってきた。

 新鮮さがウリのむね身やささみ、砂ズリの三点盛りの刺し身(大1890円、小980円)や、レバーの刺し身、自家製のポン酢でいただくたたき(700円)、特製の甘辛ダレでからめた「手羽先のピリ辛揚げ」(540円)など、お酒との相性もぴったりな一品が並ぶ。コース料理は2500円から。

 「おいしい生ビールを飲める」と認定されたキリンビールお墨付きの「キリン満点生の店」でもあり、ビールと一緒に味わうとより箸が進む。本県産のみを扱う焼酎などアルコールも豊富にそろう。

 外国人のお客も多く訪れることからメニューは英語表示でも掲載されており、親切だ。

 店内は個室が充実していて、いずれも掘りごたつの座敷になっている。

 「真心ダイニングやまぢ」(宮崎市橘通西3丁目)として、支店もあり。

(協力:キリンビールマーケティング株式会社宮崎支社)

店舗基本情報
店名 居心地屋やまぢ 宮崎本店
住所 宮崎県宮崎市中央通8の28 エビスビル1階【地図】
TEL 0985(38)6567
業態 鶏料理店・居酒屋
特徴 新鮮なみやざき地頭鶏が味わえる店
座席数 個室7部屋(4人用の座敷4、3人用の座敷2、6人用の座敷)、2人用のカウンター席2、カウンター1席
収容 33人
予算 3500円~4000円
クレジット
定休日日曜(月曜祝日の場合は営業、連休最終日を休業)
営業時間午後6時~翌午前0時(午後11時ラストオーダー)

※紹介しているメニューや価格、住所などの情報は掲載時のものです。

アクセスランキング

ピックアップ