みやビズ

2019年12月16日(月)
美酒談ガイド☆☆☆

料理とアートで街を元気に ワイン食堂geeks(宮崎市)

2015/11/16
「ワイン食堂 geeks」のコース料理。ワインと合う逸品が並ぶ
「ワイン食堂 geeks」のコース料理。ワインと合う逸品が並ぶ

「ワイン食堂 geeks」のコース料理。ワインと合う逸品が並ぶ

 3年目に入った洋食屋「ワイン食堂 geeks」(宮崎市)。ワイン食堂という名の通り、オーナーシェフの日高圭さん(39)が吟味して選んだフランスやイタリア、アルゼンチン産のワインが常時50種類以上そろう。イタリア産の「アリアンナオキピンティ」など珍しいものもそろい、ワイン通の評判もいい。

 まるみ豚や都萬牛、佐土原ナスなど、本県の食材をふんだんに取り入れた料理に合う自然派ワインを取りそろえている。

 ドアを開けると、壁一面に大きな黒板のメニュー表が目に留まる。「前菜」「鮮魚」「お肉」「パスタ」「リゾット」など、ジャンルごとに旬の食材を使った一品料理が書かれていて、いずれのメニューも心ひかれる。キプロス産の海塩、フランスのゲランド産の塩を生かした肉料理は定評がある。

 コース料理は3000円から。取材で訪れた11月中旬、看板メニューであるウニのシンプルな味わいとトマトソースのバランスが絶妙な「ウニのパスタ」や、「まるみ豚のバラ肉とアサリのポルトガル風」「佐土原ナスと生ハムサラダ仕立て」「自家製のスモークサーモン」「4種のチーズピザ」などが並んだ。

「ワイン食堂 geeks」の店内。隠れ家的な雰囲気で、日高さんとのコミュニケーションを楽しみに訪れる人も多い

「ワイン食堂 geeks」の店内。隠れ家的な雰囲気で、日高さんとのコミュニケーションを楽しみに訪れる人も多い

 「4種のチーズピザ」は、グラナパダーノ、ゴルゴンゾーラ、モッツアレラ、マルカルポーネのチーズを使ったぜいたくな一品。好みで蜂蜜をかけるとスイーツにもなり、2度おいしい。

 ウニのクリームパスタやピザはお客からの要望でメニューに加えられたそう。新メニューを出す時にはお客に意見を求めて、自分が納得できるまで改良を重ねる。「自身が納得するピザを提供するまでに半年かかりました」と日高さん。

 店を続ける上で一つの流儀がある。「宮崎の中心街や宮崎人をもっと元気にしたい」

 子どもの頃、街にはもっと活気があった。料理だけでなく、何かお客さんの心にひっかかる、おもしろいことをしたいという考えがある。一つの取り組みが、県内在住のデザイナーとコラボレーションしたランチョンマット。デザイナーは同店の料理や雰囲気を理解した上で制作に励み、それがランチョンマットとして形になる。「地元で頑張っているデザイナーを知ってもらうきっかけになるし、生活にアートを感じてもらえれば」と取り組みを続けている。

県内在住のデザイナーとコラボレーションしたランチョンマット

県内在住のデザイナーとコラボレーションしたランチョンマット

 ランチョンマットはお客にも好評で、コミュニケーションにも一役買っている。毎回、楽しみに来店し、持ち帰りを希望する人もいるという。

 宮崎人と街が元気になる仕掛け。これからも続けてほしい。

店舗基本情報

店名 ワイン食堂 geeks(ギークス)
住所 宮崎県宮崎市橘通東3の3の4 2階【地図】
TEL 0985(22)8550
業態 洋食
特徴 洋食と自然派ワインの店
座席数 テーブル4席(1席2〜4人)、カウンター3席
収容 約20人
貸切 13〜20人
予算 4000〜6000円
営業時間午後6〜11時(同10時ラストオーダー)
定休日日曜


※紹介しているメニューや価格、住所などの情報は掲載時のものです。

アクセスランキング

ピックアップ