みやビズ

2017年4月26日(水)
  • ホーム
  • アナライズ
  • フードビジネスの可能性(3)今後の課題 岡村巖さん(県産業振興機構理事長)
アナライズ

フードビジネスの可能性(3)今後の課題 岡村巖さん(県産業振興機構理事長)

2016/07/01
県産業振興機構理事長 岡村巖さん「今後の課題」

ブランド確立と人材育成を


おかむら・いわお 1953(昭和28)年、延岡市生まれ。九州大経済学部卒。75(同50)年、県庁入庁。東京事務所長、農政水産部長などを歴任。2013年から現職。中小企業診断士

おかむら・いわお 1953(昭和28)年、延岡市生まれ。九州大経済学部卒。75(同50)年、県庁入庁。東京事務所長、農政水産部長などを歴任。2013年から現職。中小企業診断士

 本県のフードビジネスは、元気のある企業が数多く育つなど大変勢いがある。しかし、フードビジネスを取り巻く環境は、国内では高齢化や人口減少による需要の縮小、海外輸出ではグローバル競争などがあり、非常に厳しいことを忘れてはならない。そのような中で今の勢いをさらに大きな成長の波にしていくためには、いくつかの課題がある。

アクセスランキング

ピックアップ